オルニチンサプリ効果のあるランキング!おすすめは?

二日酔いの原因は?

 

楽しみながら飲むお酒ですが、翌日、体の調子が悪くなる時があるから…と気になる人もいますね。二日酔いとは一体どんな状態を言うのか、皆さんはちゃんと理解出来ているでしょうか?それは「お酒を飲んだ翌日に具合が悪くなる事でしょう」くらいに思っていると思いますが、実は原因は一つではないのです。その証拠が、いつもと同じくらいのアルコールを飲んでも、翌日に平気な時もあれば、全くダメな時がありませすよね。

 

※二日酔いの原因についてちゃんと勉強してみましょう!!

 

<症状と原因との関係>

 

二日酔いは、人によって色々な症状が出ます。それらの症状の差は、何が原因で起こっているかにより、違った症状で現われるのです。

 

【例えば】
・アルコールの中の血管を拡張させる物質を大量に摂取した場合は……脈と同時にズキンズキンと起こる頭痛の原因に。
・体内でアルコールを分解・解毒するために使われる水分量が多かった場合は……体内が脱水状態になり、
 だるくなったり吐き気がしたりします。

 

 ※アルコールは飲んだ量だけではなく、その飲んだ物の種類によって症状が違ってきます。

 

<原因となる物質とは?>

 

アルコールには、体調を悪くする物質が、もともとその中に含まれています。体調をを悪くする物質の代表として挙げられるのが{アセトアルデヒド・アデノシン}です。特に{アセトアルデヒド}は体内で肝臓がアルコールを分解する時に発生するものですが、これは肝臓の解毒を待つしかありません。これらの物質が代謝しきれない状態で、次の日まで残った時に二日酔いになったと感じるのです。

 

このアルコール分解酵素を多く持ってる人が、比較的お酒に強い人。ほとんど持っていない人が、お酒を飲めない人となりますね。メタノールを多く含んだお酒を飲んだ場合、翌日に原因物質が残りやすくなります。それは肝臓での分解・解毒処理に非常に時間がかかるためです。

 

 ※メタノールの分解時に発生する物質はホルムアルデヒド・ギ酸・二酸化炭素などです。

 

<胃酸過多とは?>

 

二日酔いの一つに入ります。アルコールによって胃酸が過剰に分泌されることで、胃が荒れて吐き気がしたり、食欲がなくなったり、下痢をする場合もありますね。こんな場合は、市販薬も色々と販売されていますので、利用し症状を和らげるのも良いかもしれませんね。

 

肝臓に効果的なオルニチンの摂取量

 

☆ 肝臓に効くオルニチンの効果的な摂取方法

 

オルニチンを豊富に含んでいる食材のシジミでも、35個食べたとしても10.7mg〜15.3mg程度しか含んでいません。肝臓に効果的なオルニチンの一日の必要量は400mg〜1000mgです。肝臓病の予防・デトックス・ダイエット効果等を目指し、豊富に摂りたいと思えば、一日当たり1400個ものシジミを食べる必要があります。

 

必要量のオルニチンを摂取するには、食べ物から直接摂取するのが一番ですが、食事から必要量を摂ることはほぼ不可能です。シジミ・チーズ・パン・ヒラメ・マグロ等の食品をバランス良く食べて、不足分をサプリメントで補うと考えた方が良いでしょう。オルニチンの摂取にはサプリメントをお勧めします。

 

オルニチンには様々な健康促進効果が……肝臓の働きを助けてくれる、デトックス効果に、美容に、疲労回復に。朝の目覚めの良さに驚くことでしょう。

 

サプリメントは、必要量をきっちりと摂っても、人それぞれで健康効果をすぐに実感できる場合とあまり実感ができない場合があると思います。健康になったと実感できない人が、飲むのをやめてみて「飲んでる時と違う」とその時に初めて実感することも。とにかく、1日や2日ではなかなか健康になった実感がないのは、どの食品でも言える事ですね。オルニチンを含んだ食品を摂取するように心掛け、諦めずにサプリメントを続けてみて、気が付いたら健康に!!なんてことになったら嬉しいですよね。

 

日々の生活習慣にも気を付けることが大切です。オルニチンにだけに頼るのではなく、例えば肝臓を休めるためには、休肝日を取ることも必要ですね。必要な栄養素は、毎日適切な量を摂取することが、健康を保つには一番大切なことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新情報・お知らせ

(2015/09/17)
オルニチンの効果を更新しました